知ってた?!子供の命名でタブーとされていること

Posted by , 2015年6月20日

花や植物に関する名前

女の子は、花のように可憐で美しい女性に育ってほしいという願いを込めて、花という文字を使ったり、植物に関する名前をつける人もいますよね!しかし、花は散るという運命を背負っているため、花や植物を連想するような命名をすることはタブーとされています。花や植物の名前には、可愛らしい響きのものが多く、女の子の名前にピッタリなものもたくさんあります。しかし、縁起が良くないおんnことはしたくない!という人は、避けたほうが良いでしょう。

さんずいへんや水に関する名前

水を表すさんずいへんや、水に関することを連想させる名前も、女の子の命名ではタブーとされています。水=流産と結びつけられ、女の子にはふさわしくないみたいですよ。「美波」や、「渚」なども、女の子に好まれる名前ですが、あまり縁起は良くないようです。音感が気に入っているなら、別の漢字を使ったり、ひらがなにするなど、水に関連するイメージを払しょくするのがよいでしょう。女の子の名前は、色々制約があるようですね。

空をイメージさせる名前

大らかな子に育ってほしい!という思いを込めるなら、男の子の命名には、空や天など、空をイメージさせる名前がぴったりですよね。しかし、空に関する名前は、天に召される、空にのぼるなどの理由から、タブーとされているようです。また、空は天候が変わりやすいということから、気持ちに安定感のない子供に育ってしまうとも言われているみたいですよ。色々なタブーはありますが、最後は、愛情をこめて両親ともに納得した名前を付けてあげるのがベストではないでしょうか!

姓名判断には沢山の流派があり、漢字の画数の違いや数え方も違いがあるので専門家に依頼することが大切になります。